祈念
毎年ながらの暑さでした
どうしてもこの日は特別な想いになります
広島で生まれ育ったので、普通に日常に存在してるんですが、やはり
当たり前の日常が当たり前に過ごせるありがたさ
当たり前に続きますように
カテゴリ:よもやま | 22:07 | comments(0) | trackbacks(0) | -
10年ぶり
10年ちょっとぶりくらいに身体を動かしている。
完全に趣味で。
ただ思うのは、10年前より脂が落ちにくくなってるなー、てこと。
もう少し筋肉をつけていけば代謝率が上がるのか、このままプロレスラーみたいになるのか。
どちらにしても楽しみ。

今年になってから週一のトレーニングを友人と共に始めたけど、ルールは1つ。
食生活は変えない。

どこまでイケるかなー

楽しく気持ちよく肉体改造!

気楽にやってくだぜっ!
カテゴリ:よもやま | 02:15 | comments(0) | trackbacks(0) | -
新年
明けましておめでとうございます
今日から仕事初めの方も多いですよね
正月気分がまだまだ抜けきりませんが、気持ち新たに切り替えていきましょっ!
全力で邁進しますでーっ!

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

広田みのる
カテゴリ:よもやま | 15:50 | comments(0) | trackbacks(0) | -
大晦日
早いもので今年も残すところ数時間

いろいろと貴重な経験をさせてもらった1年でした
出会えた方々に感謝を込めつつ、
9/10東京ドームの優勝決定戦を見つつ、
鍋なんぞつついて呑んだくれの年越しです

皆さま良いお年を!
カテゴリ:よもやま | 12:23 | comments(0) | trackbacks(0) | -
おはよございます
ステキに元気にいきまっしょいっ
カテゴリ:よもやま | 07:19 | comments(0) | trackbacks(0) | -
四捨五入
しちゃう?
しちゃっていい?

今日からアラフィフですっ(゚∀゚)♪

ステキオトナオトコ目指して精進いたしますです、はい
 
カテゴリ:よもやま | 15:46 | comments(2) | trackbacks(0) | -
新年
明けましておめでとうございます
皆様、旧年中はお世話になりました
本年もひとつ、なにとぞ、よろしくお願いいたします

声屋 広田みのる
 
カテゴリ:よもやま | 15:57 | comments(0) | trackbacks(0) | -
念願の
数年前、クーラーつけてレンチンした途端、バチン!
そのままうんともすんとも言わなくなったレンジ
まぁ無いならないでなんとかなるもんです

しかしこのたび!
ついに我が家にオーブンレンジが!
あ、いや、正確に言うと前はレンジのみだったので
初めてオーブンレンジが!
不要になった方から回ってきたんですが嬉しいです
最近はレンジ調理専用商品も増えてきてますしね



いざ鎮座ましますレンジを使おうにも…
レンジのない生活に慣れてしまってるもので…

何に使っていいかわからぬまま、はや数日

そのうちなんぞ焼いたりしたいけど
とりあえずコンビニ商品でも買ってきてみますわ
 
カテゴリ:よもやま | 15:57 | comments(0) | trackbacks(0) | -
阿藤快さん
広島時代の約10年
「電太郎一家」というインフォマーシャルドラマに出てた
週一回5分のミニドラマ
中国電力の番組で電気のことを分かりやすく紹介するものだった
役どころは営業2課の平賀源太
上司が主役の中吉電太郎役の阿藤快さん
2ヶ月に1度まとめ撮りのペースだったけど刺激的な現場だった
快さんはムードメーカーであり芝居を引っ張ってくれ
ある意味、僕は快さんに芝居を教わったようなものだ
メイク中に突然、唐突に当日の芝居のセリフ合わせが快さんから始まる
そうかと思えば休憩中競馬の予想をしてたり

芝居をやるコトを伝えたら立派なお花を贈ってくださった
収録のたびに夜の街へ連れて行ってくださった
言える話から言えない話までとにかくエネルギッシュな方

ボクが東京行きを決意したことを伝えた時
「バカじゃねえの?お前じゃ無理だ。やめとけ!」と一言
それでも決意を伝えたらその翌日
「声ならまだなんとかなるかもな。ここ行ってみてこの人に会ってみろ」
そう言って制作会社のディレクターを紹介してくれた
紆余曲折ありつつ、このディレクターとのきっかけが今に続いている

つまり、阿藤快さんがいなければ今のボクはいないのだ

ここ数年はお会いできなかったけど、いろんな方との繋がりでお話は聞いていた

ただただ残念です

どうぞ安らかに

2015.11.16
広田みのる
カテゴリ:よもやま | 23:54 | comments(0) | trackbacks(0) | -
今際の際
ある日
唐突にiPhoneの電源が入らなくなった
電源コード繋いでだましだましギリギリ使える状態

ボチボチ危ないかなー
なんて思ってた翌朝
何をやっても無反応に

もう諦めて機種変更するコトに

ただ
今現在利用してる端末が正常に電源入る状態でないと下取りしてもらえないのよね

ショップにて優しく説明してくれるスタッフさん

もうどうやっても無理
そう思ってたんで全額支払いの気持ち満々

ところがスタッフさんは
「手続きギリギリまで試しましょう」
そう言って端末を電源コードに繋いでくれてる

ホント、もう諦めてた
ここまできたら無理でしょうよ

2人の間にもそんな空気が漂ってたはず

契約の確認を文書でしてサイン
後はワンクリックで機種変更

最後の最後のそのタイミング


なんと元端末が再起動

信じられなくて2人して顔を見合わせて思わず変な声が出た

限りなく迅速に
限りなく丁寧に
端末の初期化作業

おかげで無事元端末は下取りされた

諸々手続きが終わって新端末が手元に

コードを抜かれる元端末

その瞬間電源が落ち、2度と目覚めるコトはなかった

最後の最後までありがとうな

カテゴリ:よもやま | 12:05 | comments(0) | trackbacks(0) | -
| 1/10PAGES | >>