<< 四半世紀 | main | 冷却期間 >>
歓喜の瞬間

待ち続けました

その期間25年

 

マジックが20で点灯してから優勝まで

ゲームのある日は常に減り続け

あっという間に迎えたマジック1

地元優勝はかなわず決戦の場は直接対決の東京ドームへ

 

ギリギリまであがき結局なんとか手に入れた立見席チケット

「今日で決める!」

そんな思いが、言葉がドーム3塁側には溢れていました

 

先制され嫌なムードが漂っていましたが

中盤の逆転劇で一気に熱い思いが炸裂

スコアボードや選手の背番号が滲んで見にくい

鼻の奥のほうがツーンと痛くなる

最後の最後までハラハラドキドキは続き

最終回はひたすら手を合わせ祈っていました

 

黒田博樹の先発でプレイボールがかかり

最後のショートゴロからファースト新井貴浩にボールが渡りゲームセット

 

野球の神様

なかなか粋なことをしてくれるじゃないですか

 

25年ぶりの感動に涙腺崩壊

男泣きの黒田の胴上げで涙腺崩壊

緒方孝市監督のヒロインで涙腺崩壊

試合後、別で観てたアニキと合流して強く抱き合い涙腺崩壊

近所のお好み焼き屋に乗り込み、改めてテレビで黒田と新井が抱き合う姿を見て涙腺完全崩壊

 

涙の止め方、ご存じですか?

「止まるまで泣き続ける」

 

まる一日以上経過してますが自宅で録画を見るたびに涙腺崩壊してます
 

さらに、CS、日本シリーズ、目指すは32年ぶりの日本一

 

まだまだ止まりそうにないです

 

とりあえず

広島カープ優勝おめでとう!

そして、ありがとう!!!

 

歓喜の瞬間に立ち会えたことに深く感謝です

カテゴリ:カープ | 04:50 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 04:50 | - | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nen-hiro.jugem.jp/trackback/495
トラックバック